専属の人をつけよう | 疲れた体で店に行かなくてOK!出張マッサージで手軽に疲労回復を menu

専属の人をつけよう

腰のマッサージをしている女性

さまざまな出張マッサージ店の中から自分が利用する店舗を決め、色々なマッサージ師から施術を受けた際には「この人が一番良かったなー」と思うタイミングがやってくる事でしょう。
このようなタイミングがやってきた際には、その人を自分専属のマッサージ師、自分がその店舗を利用する際にはその人以外からは施術を受けない、という風に決めてしまうようにしましょう。

専属のマッサージ師を決めるメリットとして、体の癖を憶えてもらえるという点があります。
人間の身体というのは一人ひとり骨格や筋肉の付き方などが異なっており、同じ体制になったとしても動いている筋肉や力の入っている部位、逆に脱力している部位が異なります。
そういったその人によって違う身体の癖というのは、日常生活の中でも疲労がたまりやすい部位であり、施術の際にはその部位の疲労を得に重点的にほぐしてもらう事になります。
しかしその癖というのは、実際にマッサージを行ってもらってマッサージ師が自ら把握しなければ知り得ないもののため、専属を決めずにいろいろな人に施術を行ってもらった場合、コリがほぐれない時もあれば異常なまでに疲労が回復した時がやってくるなど、マッサージ効果にむらが出るようになってしまうのです。
ですが専属のマッサージ師を作れば、その人がマッサージをするたびに自分の体の癖を把握し、その部位に対して効果的な施術を行ってもらえるようになるため、身体の疲労がより解消されるようになります。
したがって、専属のマッサージ師を作ったほうがより良いマッサージ効果が得られるようになるのです。
そのため、もし利用する出張マッサージを決めた後はその店舗で自分の身体はこの人にほぐしてもらう!という専属のマッサージ師を作るようにしましょう。